FANDOM


アメリカ地質調査所(アメリカちしつちょうさじょ、United States Geological Survey(USGS))とは、アメリカ合衆国内務省傘下の研究機関である。本部はワシントンD.C.に程近い、バージニア州レストンに置く。研究部門は生物学地質学地理学水文学の4部門に分かれており、アメリカ領内を中心に全世界において、緑化や天然資源などを調査しており、地形図地質図の製作や地震の観測を行っている。

歴史 編集

全米科学アカデミーの諮問によって、1879年3月3日に設立が連邦議会で決議された。アメリカはルイジアナ買収などによって広大な領域を得ていることもあり、設立にあたっては、鉱物資源の探査などが重視された。

その後、スミソニアン協会などとの連携によって、スミソニアン自然史博物館を開設。この頃より、生物学・水文学などの研究部門が設けられる。

地球物理学のみならず、惑星物理学研究も盛んに行われ、サーベイヤー計画アポロ計画などで得られたデータを下に作成した月面図(月の地図)や、バイキング計画などで得られたデータを下にした火星図(火星の地図)などを作成。

外部リンク 編集

テンプレート:アメリカ合衆国の行政組織

ウィキメディア・コモンズ

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki