FANDOM


インドプレート(Indian Plate)は、ゴンドワナ大陸から分裂してできた地殻構造プレートである。5,000 - 5,500万年前はオーストラリアプレートと融合していたが、現在ではインド亜大陸を含むインド・オーストラリアプレートの一部となり、インド洋の一部となっている。

歴史 編集

約9,000万年前の中生代白亜紀の後期に、インドマダガスカルを合わせたインド亜大陸がゴンドワナ大陸から分裂し、その後マダガスカルからインドプレートが分裂した。インドプレートは約20cm/年の速度で北へ移動し、5,000 - 5,500万年前の新生代始新世アジアに衝突した。この間、インドプレートは他のどんなプレートよりも速く移動し、2,000 - 3,000kmもの距離を移動した。

インドプレートが速く移動した原因は、2007年にドイツ地質学者らによって解明された。インドプレートは他のゴンドワナ大陸から派生したプレートと比べ、半分ほどの厚さしかなかったのである。また、インド・ネパール間で起こったユーラシア大陸との衝突によって、地殻が盛り上がるようにしてチベット高原ヒマラヤ山脈が形成された。現在、ユーラシアプレートは2cm/年の速度で移動しているのに比べ、インドプレートは北東へ5cm/年の速度で進んでいるため、ユーラシアプレートは歪み、インドプレートは4mm/年ほど圧縮されている。

2004年 インド洋大地震 編集

マグニチュード9.3の2004年インド洋大地震は、インドプレートがインド洋東部のビルマ・マイクロプレートの下に6cm/年の速さで沈むことにより生じるプレートの歪みが原因であった。スンダ海溝は、インド・オーストラリアプレートとユーラシアプレートが衝突している境界に位置しているので、この周辺で起こる地震は東へ滑り込んでいる沈み込み帯で起こっている。また、2004年12月26日に起こったこの地震も、沈み込み帯により引き起こされたものである。

2005年 カシミール地震 編集

2005年10月8日、マグニチュード7.6の地震がパキスタンカシミール地方で発生した。死者は8万人以上、250万人が家を失った。

関連項目 編集

参考文献 編集

Stubico この節は執筆中です。加筆、訂正して下さる協力者を求めています


ca:Placa índica

da:Indiske Pladeeo:Hindia platohe:הלוח ההודי it:Placca indiana lv:Indijas plātne mr:भारतीय प्रस्तर nl:Indische Plaat pl:Płyta indyjskask:Indická platňa sw:Bamba la Uhindi uk:Індостанська плита vi:Mảng Ấn Độ

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki