FANDOM


地球五大洋

インド洋(インドよう)は、太平洋大西洋と並ぶ三大洋の一つ。三大洋中最も小さい。面積は約7340万平方km、沿海との合計面積は7410万平方kmである。

北はインドパキスタンバングラデシュスリランカから、西はアラビア半島およびアフリカに接し、紅海とつながる。東はマレー半島スマトラ島ジャワ島の線、およびオーストラリア西岸、南は遠く南極大陸に囲まれた海洋である。

インド洋上にある主要な島々には、上記に上げたほか、マダガスカル島コモロ諸島セーシェル諸島モルジブ諸島モーリシャス島、クリスマス島ココス諸島などがある。

経済活動 編集

インド洋は中東アフリカ東アジアヨーロッパアメリカを結ぶ主要な海上交通路となっている。特にペルシャ湾インドネシアからの石油および石油製品の主要な運送路となっている。またサウジアラビアイランインド、西オーストラリア沿岸部には豊富な天然ガスの埋蔵が確認されている。推計で世界の海底油田からの産出量の 40% はインド洋から産出される。

歴史 編集

モンスーンの海 編集

インド洋北部は、モンスーン(季節風)の影響が強く、夏は南西から北東に(東アフリカ方面からアラビア・インド方面に)、冬は北東から南西に風が吹く。海流も季節風の影響を強く受けて、夏は時計回りに、冬は反時計回りに海流が生まれる。

この時期によって一定の方向へ向かう風と海流は帆船の航行に向いていた。さらに、季節によって方向が変わるので、ある季節に出かけた船は、風向きが変わる季節に帰ってくることができる。この季節風の性質を利用して、東アフリカ・アラビア・インド間で紀元前から交易が行われてきた。

紀元1、2世紀ごろに書かれた『エリュトゥラー海案内記(周遊記)』によれば、ギリシアの商人ヒッパルスがインド洋の季節風を利用し、アラビアからインドへ沖合を航海した。ことから、南西風をヒッパルスの風と呼ばれていたことがある。

『エリュトゥラー海案内記』には他にもアラビアのモカ(イエメン)の港から、多数の船が東アフリカに向かっていたこと、インド、マレー半島、中国の記述がある。しかし、他に資料が乏しく詳しいことはあまりよく判っていない。

海の道 編集

アッバース朝以降には、ダウ船と呼ばれた木製の帆船により、インドの香辛料だけではなく中国の陶磁器が西へ運ばれた。西の東アフリカからは象牙・犀の角・鼈甲が、北はヨーロッパやオリエントからガラス製品・葡萄酒が交易されていた。内陸部の交易路シルクロードに対して、海上交易路を海の道、あるいは海のシルクロードと呼んでいる。インド洋はその海の道の主要部を成していた。

アッバース朝はバグダードを首都としたので、首都に近いペルシア湾を中心に交易が発達した。しかし、アッバース朝の衰退・滅亡や、エジプトのファーティマ朝マムルーク朝の繁栄にともない、紅海を中心に帆船が行き来するようになった。

中国明朝永楽帝は、朝貢貿易の再開を目的に1405年以降、7回にわたって鄭和に数十隻の艦隊を与え、東南アジアからインド洋に派遣した。鄭和第3回までは、インドのカリカット(コジコーデ)までしかこなかったが、第4回以降はアラビア半島まで航海し、別働隊は東アフリカまで来航した。

ポルトガル艦隊の登場 編集

1497年7月8日、ヴァスコ・ダ・ガマポルトガルのリスボンを出発した。ガマの艦隊は喜望峰を回り、1498年4月13日にマリンディに到着した。マリンディで雇った水先案内人に導かれ、5月20日にカリカットに到着した。その後相次いで来航したポルトガル艦隊は、ゴア(インド)、マラッカ(ムラカ、マレーシア)、モンバサ(ケニア)などを支配下に置き、インド洋交易を支配した。

日本人のインド洋航海で氏名がはっきりしている最初のものは、1582年にキリシタン大名大友宗麟有馬晴信大村純忠らが派遣した天正遣欧使節である。伊東マンショ千々石ミゲルら4人の使節団は、インド洋を横断し、1585年にローマに着いた。

オマーンによる覇権 編集

イギリス、オランダの進出に伴い、ポルトガルは衰退していった。17世紀初頭にはオマーンにヤアーリバ朝が成立し、1650年にはオマーンマスカット(マスカト)からポルトガルを追い出した。その後、オマーンはインド洋交易を巡ってポルトガルと争った。

1696年にポルトガルの支配拠点であった要塞フォート・ジーザスがオマーンの攻撃により陥落し、オマーンによるアラビアから東アフリカまでの交易支配権が確立するかに見えた。しかし、オマーンで内戦が始まり、その勢力は一時弱まった。

ヤアーリバ朝のイマームであったアフマド・ブン・サイードがオマーンの支配権を確立し、ブン・サイード朝を創設した。ブン・サイード朝は19世紀には東アフリカの覇権を確立した。1833年には事実上ザンジバル(タンザニア)がオマーンの首都となった。しかし、以後イギリスの勢力が強くなり、オマーンはイギリスの実質的な植民地となっていった。

イギリスの支配 編集

1700年にイギリスはインドから現在のカルカッタ(コルカタ)の元となる地域を得て、しばしばインドの政治に介入した。1757年プラッシーの戦いでフランスを追い出し、1820年ごろにはインドのほぼ全域を支配下においた。1869年11月17日にスエズ運河が開通したことにより、イギリスのインド洋での覇権が強まった。しかし、第二次世界大戦後、イギリスはインドを始めとする植民地を失い、イギリスは覇権を失った。

含まれる主な海域 編集

関連項目 編集

ウィキメディア・コモンズ
af:Indiese Oseaan

an:Ozián Indico ar:محيط هندي ast:Océanu Índicu az:Hind okeanı bat-smg:Indėjės ondėnīns bcl:Kadagatan Indio be:Індыйскі акіян be-x-old:Індыйскі акіян bg:Индийски океан bn:ভারত মহাসাগর br:Meurvor Indez bs:Indijski okean ca:Oceà Índic ceb:Kadagatang Indyan crh:İnd okeanı cs:Indický oceán cv:Инди океанĕ cy:Cefnfor India da:Indiske Oceandiq:Okyanuso Hind dv:ހިންދު ކަނޑު el:Ινδικός Ωκεανόςeo:Hinda Oceanoet:India ookean eu:Indiako Ozeanoa ext:Océanu Índicu fa:اقیانوس هند fi:Intian valtameri fiu-vro:India suurmerifrp:Ocèan Endien fy:Yndyske Oseaan ga:An tAigéan Indiach gd:Cuan Innseanach gl:Océano Índico haw:Moana ʻIniana he:האוקיינוס ההודי hi:हिन्द महासागर hif:Indian Ocean hr:Indijski ocean ht:Endyen hu:Indiai-óceán hy:Հնդկական օվկիանոս ia:Oceano Indian id:Samudra Hindia ig:Indian Ocean io:Indiana oceano is:Indlandshaf it:Oceano Indiano jv:Samudra Hindhia ka:ინდოეთის ოკეანე kaa:Hind okeanı km:មហាសមុទ្រឥណ្ឌា kn:ಹಿಂದೂ ಮಹಾಸಾಗರku:Okyanûsa Hindî la:Oceanus Indicus lb:Indeschen Ozean li:Indische Oceaan lmo:Ucean Indian ln:India (lombú) lt:Indijos vandenynas lv:Indijas okeāns mg:Ranomasimbe Indiana mk:Индиски Океан ml:ഇന്ത്യന്‍ മഹാസമുദ്രം mn:Энэтхэгийн Далай mr:हिंदी महासागर ms:Lautan Hindi mt:Oċean Indjan mzn:هند اوقیانوس nah:Ilhuicaātl Índico new:हिन्द महासागर nl:Indische Oceaan nn:Det indiske havet no:Indiahavet oc:Ocean Indian om:Indian Ocean pam:Indian Ocean pih:Indien oshen pl:Ocean Indyjski pt:Oceano Índico qu:Indiku mama qucha rm:Ocean indic ro:Oceanul Indiansa:सिन्धु महासागर sah:Индия океана sh:Indijski ocean simple:Indian Ocean sk:Indický oceán sl:Indijski ocean so:Badweynta Hindiya sr:Индијски океан sv:Indiska oceanen sw:Bahari ya Hindi szl:Uocean Indyjski ta:இந்தியப் பெருங்கடல் te:హిందూ మహాసముద్రం tg:Уқёнуси Ҳинд th:มหาสมุทรอินเดีย tl:Karagatang Indiyano tr:Hint Okyanusu uk:Індійський океан ur:بحر ہند vi:Ấn Độ Dương wa:Oceyan Indyin wo:Mbàmbulaanug End yi:אינדישער אקעאןzh-min-nan:Ìn-tō͘-iûⁿ zh-yue:印度洋

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki