FANDOM


ファイル:Old Faithfull-pdPhoto.jpg

オールド・フェイスフル・ガイザーThe Old Faithful Geyser)は、イエローストーン国立公園内にある、おそらく世界で最も有名な間欠泉である。 1870年にウォシュバーン探検隊によってオールド・フェイスフルと名づけられた。公園内で最初に名前をつけられた間欠泉である。 [1]

1回に、3,700~8,400ガロン(14,000~32,000リットル)の熱湯が106~184フィート(30~50メートル)の高さに1分半~5分間にわたって噴き出す。 噴出は65~92分間隔で、平均間隔は91分である。[2] これまで137,000回以上の噴出が記録されている。ハリー・M・ウッドワードが、初めて噴出時間と噴出間隔の数学的な関係を記述した(1938年)。 オールド・フェイスフル・ガイザーは、公園内で最も高く噴く上げるものでもなければ最大のものでもない。 最高最大の噴出を行う間欠泉は、噴出時間と噴出間隔の予測がオールド・フェイスフル・ガイザーより難しいスチームボート・ガイザーである。

ここ数年間にわたり、噴出間隔が長くなってきたが、これは地下水位に地震が影響を与えたためかもしれない。 このため以前の数学的関係は不正確になってしまったが、オールド・フェイスフル・ガイザーについては実際は噴出を予測しやすくなった。 オールド・フェイスフル・ガイザーは、10分の誤差はあるが、噴出が2.5分も続かない場合は65分後に、2.5分超続く場合は92分後に噴出する。 オールド・フェイスフル・ガイザーの噴出が正確なのは、アッパー・ガイザー・ベイスンの他の間欠泉等につながっていないという事実によるものである。

1983年から1994年の間に、温度と圧力測定器、録画装置を備えた4つの調査装置がオールド・フェイスフル・ガイザーの中に下ろされた。 調査装置は72フィート(22メートル)の深さまで下ろされた。この深さでの水温は華氏244度(摂氏118度)で、1942年の測定時と同じであった。 録画装置は、導管の形と導管の中で起こる過程を観察するため、最大42フィート(13メートル)の深さまで下ろされた。 上からの冷えた空気と下からの熱された空気が混ざり合うことにより霧が形成されること、水が導管の中に流れ込み、下から膨れあがって再充填されること、 華氏265度(摂氏129度)にも達する過熱された水蒸気が導管の中に入っていくこと等が観察された。[3]

尚、ガイザー(Geyser)は、アイスランドにある最大の間欠泉Geysir(発音は、ゲイセールもしくはイェイセール)からきている。

参考文献編集

  1. Bauer, Clyde Max (1947). Yellowstone Geysers. Yellowstone Park, Wyoming: Haynes, Inc. ASIN B0007E44C4. 
  2. Old Faithful Geyser. Old Faithful Area Tour. 2005年September 18閲覧。
  3. Hutchinson RA, Westphal JA, and Kieffe SW (1997). “In situ observations of Old Faithful Geyser”. Geology 25 (10): 875-878.

外部リンク編集

cs:Old Faithful

da:Old Faithfulfi:Old Faithfulhe:אולד פייתפול it:Old Faithful lt:Senasis Ištikimasis geizeris nl:Old Faithful pl:Old Faithful pt:Old Faithful ro:Old Faithful simple:Old Faithful Geyser sv:Old Faithful tr:Old Faithful

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki