FANDOM


ファイル:Pangaea (230 million years ago).png
Pangea animation 03.gif

パンゲア大陸の分裂

パンゲア大陸(パンゲアたいりく、Pangæa, Pangea)は、1912年アルフレート・ヴェーゲナーが提唱した大陸移動説において、現在の諸大陸が分裂する前にひとつであったときの超大陸のことである。

ギリシャ語で「すべての陸地」という意味で、ヴェーゲナー本人が命名した。

当初、大陸を動かす原動力が物理的に不可能とされたが、ヴェーグナーの死後、1950年以降次々に新事実が見つかり、プレートテクトニクス理論として再評価されている[1]

古生代ペルム紀の終わり、2億5,000万年前ごろに、ローレンシア大陸バルティカ大陸シベリア大陸などすべての大陸が次々と衝突したことによって誕生し、中生代三畳紀の2億年前ごろから、再び分裂を始めた[2]

超大陸の完成時、地球内部からスーパープルームが上昇して世界各地の火山活動が活発になり、ペルム紀三畳紀の境界(P-T境界)に当時生きていた古生代の海洋生物種のうち、実に95%以上が絶滅した。

当時の海水準は高かったため、大半の時代は、浅海によりいくつかの陸塊に分かれていた。

大陸の形態 編集

パンゲア大陸は赤道をはさんで三日月型に広がっていたとみられる。三日月内部の巨大な浅い内海であるテチス海では多くの海洋生物が繁殖し、内陸部は海岸から遠いため乾燥した砂漠が広がっていた。ほぼすべての大地が地続きだったため動植物の移動が促進され、その多様性は現在よりも均質だったと考えられる。

1億8,000万年前、ジュラ紀に北はローラシア大陸、南はゴンドワナ大陸へと分裂した。

出典・脚注 編集

  1. 大浜一之『科学雑学辞典』(日本実業出版社)
  2. 『科学雑学辞典』によると、ヴェーグナーはパンゲア大陸は3億年ぐらい前までには存在し、その後分裂して数百万年かかって現在の大陸の形になったと主張している。

関連項目 編集

ウィキメディア・コモンズ
ar:بنجيا

ast:Panxea bg:Пангея br:Pangea ca:Pangea ceb:Pangaea cs:Pangea cy:Pangaea da:Pangæadv:ޕަންގިއާ el:Παγγαίαeo:Pangeoet:Pangaea eu:Pangea fa:پانجه‌آ fi:Pangeagd:Pangaea gl:Panxea he:פנגיאה hr:Pangea ht:Panje hu:Pangea id:Pangea it:Pangea ka:პანგეაla:Pangaea lb:Pangäa lt:Pangėja ml:പാന്‍‌ജിയ mr:पँजिआ mt:Pangea nl:Pangea nn:Pangea no:Pangea nov:Pangea pl:Pangea pt:Pangeiascn:Pangea simple:Pangaea sk:Pangea sl:Pangea sr:Пангеа sv:Pangea ta:ஒருநிலக் கொள்கை th:มหาทวีปแพนเจีย tl:Pangaea tr:Pangea uk:Пангея vi:Pangaea wa:Pandjêye wuu:盘古大陆

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki