FANDOM


Tectonic plates-ja.png

位置(左端にある赤い部分)

フィリピン海プレート(フィリピンかいプレート)とは、東は小笠原海溝マリアナ海溝、北から西にかけては南海トラフ琉球海溝フィリピン海溝などに囲まれた海洋プレートである。

概要編集

フィリピン海プレートがユーラシアプレートに潜り込もうとする事で、プレート境界地震である東海地震南関東東海)、東南海地震(東海~南紀)、南海地震(南紀~四国)が起きると想定されている。1923年関東大震災をもたらした第二次関東地震も、フィリピン海プレートの活動に伴う地震だとされている。

更に、フィリピン海プレートは、東日本でも活動の痕跡を残している。丹沢山地は、フィリピン海プレート(伊豆半島)の北アメリカプレートへの衝突に伴う隆起によって形成された地形であり、衝突の現場が神縄断層である。その露頭が、静岡県小山町付近などで見られる。

関連項目編集

外部リンク編集

ca:Placa filipinaeo:Filipina platoeu:Filipinetako Plakanl:Filipijnse Plaat

pl:Płyta filipińska pt:Placa das Filipinas uk:Філіппінська плита vi:Mảng Philippin

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki