FANDOM


Tectonic plates-ja.png

主要なプレートの位置図

プレート(plate)は、地球の表面を覆う、十数枚の厚さ100kmほどの岩盤のこと。

プレートには、大陸プレート海洋プレートがあり、海洋プレートは大陸プレートよりも強固で密度が高いため、2つがぶつかると海洋プレートは大陸プレートの下に沈んでいくことになる。

また、地下のマグマの上昇によりプレートに亀裂ができ、連続してマグマが上昇し続けるとその後プレートが分断されて両側に分かれることになる。

現存するプレート 編集

大規模なプレート 編集

プレートは大きく分けると、次の14~15枚とされている。一般的にはこれら14~15枚のプレートを地球上の全プレートと考える。

小規模なプレート 編集

上記の14~15枚のプレートを地球上の全プレートと考えると、GPSの観測などでは、1つのプレート内で移動速度が異なる部分があって不自然となる。これを説明するために考え出されたのが以下のプレートである。40枚程度枚存在する。これらはすべて上記の14~15枚のプレートのどれかのグループに便宜的に分類されている。ただ地質学的に見ても、親プレートと完全に切り離されて独立しているものもあるが、ほとんどは完全には切り離されておらず一部がつながっている。

埋没しているプレート 編集

造山運動によって山塊の中に埋没しているプレート。

プレートの位置図 編集

テンプレート:画像ラベル枠

テンプレート:画像ラベル枠

テンプレート:画像ラベル枠

テンプレート:画像ラベル枠


凡例
  • 線の色 : =衝突型境界(沈み込み帯を除く)、=拡張型境界(海溝や地溝)、黄緑=トランスフォーム断層、=沈み込み帯
  • 灰色の領域 : プレートの衝突による造山運動がプレート内部まで及んで隆起が盛んな地域。構造線や断層帯が多数ある。
  • 矢印 : アフリカプレート基準の、各プレートの移動方向と速度(mm/年)
  • 出典 : [1]

注意:表示環境によっては、リンクの位置が正しく表示されない場合があります。

過去に存在したプレート 編集

その他のプレート 編集

ファイル:Kanto fragment map.png
  • 関東フラグメント (Kanto fragment):関東地方の地下にあると推定されているプレートの断片[1]。過去に太平洋プレートの上盤がはがれて、そのまま太平洋プレートの上に乗って残存しているものと考えられる。栃木県南部から神奈川県北部までの地域の深さ30~100km付近に、厚さ25km、100km四方にわたって存在し、関東地方の地表を覆うユーラシアプレートの下で、東から沈み込む太平洋プレートと南から沈み込むフィリピン海プレートの間に挟まっていると推定される。このプレートとほかのプレートとの境界では、陸の下でありながらプレート間地震が発生するものと見られ、1855年の安政江戸地震はこのタイプで、今後もこのタイプの地震が首都直下地震として発生する可能性がある[2][3]
  • 「アリューシャンプレート」:ベーリング海の海底を形成するとされるプレート。気象庁の石川有三らが指摘するが、あまり認知されていない。

脚注 編集

[ヘルプ]
  1. 関東直下の新しいプレート構造の提案産業技術総合研究所 活断層研究センター 遠田晋次
  2. 関東直下に「地震の巣」…100キロ四方の巨大岩盤が形成 読売新聞、2008年10月6日。
  3. 東京直下に潜むプレート断片と地殻変動・地震発生における重要性(A slab fragment wedged under Tokyo and its tectonic and seismic implications) Shinji Toda, Ross S. Stein, Stephen H. Kirby and Serkan B. Bozkurt, Nature Geoscience, doi:10.1038/ngeo318, November 2008.

関連項目 編集

ウィキメディア・コモンズ

参考文献 編集

外部リンク 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki