FANDOM


マントル対流説(まんとるたいりゅうせつ)とは、マントル内に熱対流が存在し、地殻運動の原因とする説。マントル熱対流説とも。

歴史 編集

1930年頃から、収縮説に代わるものとして現れていたが、1958年オランダ地球物理学ベニング・マイネスFelix Andries Vening Meinesz)が地球上の造構造作用をこの立場から論じたのに始まり、海洋底拡大説へ発展した。さらにプレートテクトニクスプルームテクトニクスが提唱されるようになった。

関連項目 編集

参考文献 編集

he:זרמי הערבול

nl:Mantelconvectie

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki