FANDOM


ラーフ(Rāhu)は、インド神話に登場する、4本の腕と1本の尾をもつアスラの名。あるいはインドの天文学におけるナヴァ・グラハという9つの惑星九曜)の1つ羅睺インド占星術参照)。

神話によると、乳海攪拌のあと、神々とアスラは不死の霊薬アムリタをめぐって争い、アムリタは神々の手にわたった。神々は集まってアムリタを飲んだが、その中にラーフというアスラが神に化けてアムリタを口にした。それを太陽と月が発見し、ヴィシュヌ神に知らせた。ヴィシュヌ神は円盤(チャクラム)を投げてラーフの首を切断したが、ラーフの首は不死になってしまった。そして天に昇り、告口したことを怨んで太陽を飲み込んで日蝕月蝕を起こす悪星になったという。一方、ラーフの体も天に昇ってケートゥという凶兆の星になったとされる。et:Rāhu (budism)hi:राहु id:Rahu my:ရာဟု pl:Rahu (graha) th:พระราหู tr:Rahu vi:La Hầu

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki