FANDOM


ヴァン・アレン帯( -たい)とは地球磁場にとらえられた、陽子電子からなる放射線帯。

1958年にアメリカが人工衛星エクスプローラー1号を打ち上げ、衛星に搭載されたガイガーカウンターの観測結果より発見された。名前の由来は発見者であるアメリカジェームズ・ヴァン・アレン(James Van Allen)より。

地球を360°、ドーナツ状にとりまいており、内帯と外帯との二層構造になっている。赤道付近が最も層が厚く、極軸付近は層が極めて薄い。内帯は赤道上高度2000~5000kmに位置する比較的小さな帯で、陽子が多い。外帯は10000~20000kmに位置する大きな帯で、電子が多い。太陽風などからの粒子が地球の磁場に捕らわれて形成されると考えられている。地球以外にも磁場を持つ惑星である木星土星で存在が確認されている。

過去には宇宙船でヴァン・アレン帯を通過すると人体に悪影響があり危険とされていたが、今では通過時間がわずかである事、宇宙船、宇宙服による遮蔽が可能な事からほとんど問題はないと言われている。

なお昨今になって、このヴァン・アレン帯の存在を理由に、アポロ計画(人類面着陸計画)はでっち上げであったという陰謀論が一部で唱えられている。アポロ計画陰謀論も参照のこと。

また、ノストラダムスの予言がらみで一部の者は、1999年8月18日グランドクロスで太陽系の惑星の引力が地球に集中し、ヴァン・アレン帯が壊れ宇宙線が地球に降り注ぐが、精神文明を有する日本だけは助かると主張していた。しかし1999年の前の段階で、すでに天文学者や学会により、「グランドクロスはほとんど無視できる影響しか及ぼさない」という反論が出されていた。

外部リンク 編集


広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki