FANDOM


ファイル:Izu-Ogasawara trench topographic.png

伊豆・小笠原海溝(いず・おがさわらかいこう)は、日本の伊豆諸島小笠原諸島付近にある海溝。 

フィリピン海プレート太平洋プレートが沈みこむことによってできた海溝で、最も深い所では海面下9780mになる。母島の南東にはやや浅い部分(母島海山)があるが、ここが伊豆・小笠原海溝とマリアナ海溝との境界点とされることが多い。北に日本海溝、南にマリアナ海溝が連なる。

伊豆・小笠原海溝から沈み込んだプレートリソスフェア)は、伊豆諸島・小笠原諸島付近でマグマとなって上昇し、伊豆・小笠原島弧と呼ばれる火山列島の島弧を作っている。

関連項目 編集

eu:Izu-Ogasawarako fosa

pl:Rów Izu-Ogasawara

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki