FANDOM


十勝沖地震(とかちおきじしん)は、北海道十勝地方の沖合を震源として起こる地震

過去に数回発生しているので、発生年を付して「N年十勝沖地震」と呼んで区別される。

発生要因 編集

北海道十勝沖からロシア連邦カムチャツカ半島沖にかけて千島海溝が存在しているが、この海溝では太平洋プレート北アメリカプレートの下に年間数cmの速度で沈み込んでいる。このため両プレートの境界で歪みが発生し、その歪みの開放により発生する逆断層型地震である。想定Mは8前後、発生間隔は約60年~80年と言われている。

震源域の静穏化現象 編集

1952年十勝沖地震の7年ほど前から震源域付近では小さな地震が低下していた現象がおきていた。また2003年十勝沖地震の際も1990年以降同様の現象がおきていたことが研究者より指摘されていた[1]

1915年 編集

テンプレート:節スタブ

1952年 編集

ファイル:1952 Tokachioki Earthquake.JPG

概要 編集

本震 編集

  • 発生:1952年(昭和27年)3月4日午前10時22分44秒(日本時間)
  • 震源:北海道襟裳岬東方沖約50km  北緯41度42.3分、東経144度9分、深さ54km
  • 地震の規模:M8.2
  • 最大震度:震度6

20世紀以降、日本近海で発生した地震としては、北海道東方沖地震と共に、最大規模である。

被害 編集

北海道から東北北部で揺れや津波などの被害があり、28人が死亡、5人が行方不明、287人が重軽傷を負った。また、家屋被害は、全壊815棟、半壊1324棟、一部損壊6395棟、流失91棟、浸水328棟、焼失20棟、非住家被害1621棟であった。このほか、船舶被害451隻を出した。

北海道東部の厚岸浜中町の中心部霧多布地区では津波により家屋が大多数流出し壊滅した。この時期の流氷及び海氷が津波により押し寄せ,家屋の破壊が甚大になったと考えられている。この地区は8年後の1960年チリ地震津波でも街が壊滅し、死者11名を出す被害を繰り返す事になる。

津波は、厚岸湾が最高で6.5m、青森県八戸市で2mなど。津波警報制度発足後、最初の大津波だった。ただ、前日の3月3日1933年に起こった昭和三陸地震記念日で警報伝達訓練や避難訓練も多数行われ、防災に大変役立った。

1968年 編集

概要 編集

この地震の発生メカニズムは前述の発生要因と異なり、地震調査研究推進本部の分類では「三陸沖北部地震」に該当する。

本震 編集

この地震の震源は、1994年に発生した三陸はるか沖地震の北東にあたり、本来であれば『三陸沖地震(または三陸はるか沖地震)』と命名されるべきものだったが、津波警報の発令の際に震源を十勝沖として発表されたため、そのまま流用されて『十勝沖地震』と命名されている。

最大余震 編集

  • 発生:1968年(昭和43年)5月16日午後7時39分01秒(日本時間)
  • 震源:青森県東方沖  北緯41度25分、東経142度51分、深さ40km
  • 地震の規模:M7.5
  • 最大震度:震度5

被害 編集

北海道から東北北部で揺れや津波の被害があり、52人が死亡、330人が重軽傷を負った。また住宅被害は全壊673棟、半壊3,004棟、一部損壊15,697棟にのぼった。特に青森県は、死者・行方不明者48名、建物全壊646棟、半壊2,885棟、一部損壊14,705棟と被害が集中し、青森市や、八戸市十和田市むつ市三沢市をはじめとする県東部に大きな被害をもたらした。県内の被害が大きかった地域では、前日まで3日間の総雨量が100〜200mmに及んでいたことから地盤の含水量の増加が原因とみられる地すべり・山崩れ・がけ崩れ等の地盤崩壊が24箇所で発生しており、名川町立剣吉中学校では本震発生後の避難中に生徒約40名が校舎裏の山崩れに巻き込まれ生徒4名が犠牲となるなど、県内の死者・行方不明者のうち33名が地盤崩壊によるものだった。また、むつ市早掛沼では堤防が決壊・流出し周辺が冠水したのをはじめ、主に盛土構造の崩壊とみられる道路損壊375箇所、鉄軌道被害34箇所、堤防決壊34箇所が県内で発生した。

津波は、三陸沿岸の一部で3〜5m、襟裳岬で3mを記録し、建物浸水529棟、船舶沈没・流出127隻の被害が発生、八戸港内ではタンカー損傷による燃料流出事故も生じたが、干潮時だったことが幸いし、また昭和三陸地震チリ地震の津波を教訓とした施設整備等もあって、被害はそれほど大きくならなかった。

この地震により、十和田湖の名勝であった蝋燭岩が倒壊したり、南部鉄道が廃止に追い込まれることとなったほか、函館大学三沢商業高等学校八戸東高等学校八戸工業高等専門学校、むつ市役所庁舎の倒壊(圧壊)をはじめ昭和30年代後半から建てられ始めた比較的新しい鉄筋コンクリート造の公共建築物の被害が目立った。この地震を契機に、1971年には「建築基準法施行令」の改正及び「日本建築学会鉄筋コンクリート構造計算規準」の改定がなされている。

また、激震で本州と北海道を結ぶ海底通信ケーブルが切断され通信が途絶、北海道は一時孤立状態になった。また放送用のマイクロウェーブ回線も青森県で途切れ、北海道の局に東京や大阪からVTRが空輸される事態となった。これを教訓に災害時応急復旧用無線電話・孤立化防止用無線電話が開発配備されている。

2003年 編集

平成15年(2003年)十勝沖地震
[[File:テンプレート:Location map Japan|250px|十勝沖地震の位置(テンプレート:Location map Japan内)]]
<div style="position: absolute; z-index: 2; top: 構文エラー: 認識できない区切り文字 "[" があります%; left: 構文エラー: 認識できない区切り文字 "[" があります%; height: 0; width: 0; margin: 0; padding: 0;">
</div>
本震
発生日 2003年(平成15年)9月26日
発生時刻 4時50分07秒(JST
震央 日本の旗 日本 北海道襟裳岬南東沖80km
北緯41度46.7分
東経144度4.7分(地図
震源の深さ 45km
規模    マグニチュード(M) 8.0
最大震度    震度6弱:北海道 新冠町静内町浦河町など
津波 2m55cm:北海道 豊頃町
地震の種類 海溝型地震
余震
最大余震 同日 午前6時08分
M7.1 震度6弱:浦河町
被害
死傷者数 死者:1人 行方不明者:1人
被害地域 北海道
* 特に注記が無い場合は気象庁による。

概要 編集

本震 編集

気象庁はこの地震を平成15年(2003年)十勝沖地震と命名した。

この地震の震源付近では1952年3月4日にM8.2の十勝沖地震が発生している。

本震の各地の震度 編集

震度観測地点
震度6弱北海道新冠町、静内町、浦河町、鹿追町、幕別町、豊頃町、忠類村、釧路町、厚岸町
震度5強北海道:厚真町足寄町帯広市本別町更別村広尾町弟子屈町釧路市音別町別海町
震度5弱北海道:新篠津村栗沢町南幌町空知長沼町栗山町中富良野町清里町北見市訓子府町苫小牧市上士幌町音更町十勝清水町芽室町
震度4北海道:石狩市札幌中央区札幌白石区千歳市恵庭市函館市上磯町恵山町南茅部町砂原町渡島森町知内町上ノ国町厚沢部町北檜山町小樽市余市町真狩村倶知安町妹背牛町秩父別町北竜町滝川市砂川市奈井江町浦臼町新十津川町雨竜町岩見沢市美唄市三笠市剣淵町旭川市富良野市上富良野町南富良野町東藻琴村女満別町美幌町斜里町端野町留辺蘂町生田原町丸瀬布町胆振伊達市虻田町洞爺村白老町平取町えりも町中標津町羅臼町根室市

青森県青森市五所川原市平内町蟹田町今別町蓬田村平舘村木造町柏村稲垣村車力村浪岡町板柳町金木町小泊村藤崎町尾上町常盤村田舎館村十和田市三沢市野辺地町七戸町百石町六戸町横浜町上北町東北町天間林村下田町六ヶ所村五戸町名川町階上町福地村青森南郷村倉石村むつ市青森川内町大間町東通村

岩手県軽米町大野村二戸市浄法寺町矢巾町

宮城県迫町

最大余震 編集

  • 発生:2003年(平成15年)9月26日午前6時08分02秒(日本時間)
  • 震源:十勝沖  北緯41度42.5分、東経143度41.4分、深さ21km
  • 地震の規模:M7.1
  • 最大震度:震度6弱

最大余震の各地の震度 編集

震度観測地点
震度6弱北海道:浦河町
震度5強北海道:新冠町
震度5弱北海道:厚真町 静内町

青森県野辺地町 むつ市 東通村

震度4北海道:石狩市、新篠津村札幌中央区札幌白石区江別市千歳市恵庭市函館市上磯町恵山町南茅部町砂原町知内町厚沢部町小樽市滝川市砂川市、奈井江町、新十津川町岩見沢市美唄市三笠市栗沢町南幌町空知長沼町栗山町中富良野町伊達市、虻田町、苫小牧市白老町えりも町鹿追町帯広市音更町十勝清水町、芽室町、幕別町豊頃町更別村忠類村広尾町

青森県:青森市 

岩手県:軽米町大野村、二戸市、玉山村浄法寺町、矢巾町

被害 編集

北海道から東北地方の太平洋沿岸に津波が襲来し、最高で2m55cm(北海道豊頃町大津で記録)に達した。この津波で、北海道では釣り人2名が行方不明となり、うち1名の遺体が2005年に発見された。また北海道(十勝川など)では、津波が川を10km以上も逆流する現象も発生した。津波による行方不明者の他には今回の地震による犠牲者はいない。この地震で政府は地震が発生した当日に官邸内に対策室を設置し、また北海道は陸上自衛隊第5師団に災害派遣を要請するなどして対応した。

北海道東部(道東)の各地方都市を結ぶ鉄道・道路・橋梁が各地で多数破損した為に一時道東地方の交通は全面ストップし、その後、主要道路の通行止め解除には数日、完全な復旧には数ヶ月を要した。また町村道のような末端の生活道路は補修に数年要した。

鉄道に関しては、根室本線直別駅構内を走行中の特急まりも(8両編成)の先頭から2両目の車両が脱線し、乗客39名のうち1名が軽傷を負った、また、同本線の路盤・橋梁・信号施設、駅舎なども破損などの被害が生じ、ダイヤが正常に戻ったのは翌月8日に入ってからであった。

また港湾施設の被害は大きく、釧路港などでは液状化現象が多数発生した。釧路空港は管制塔の天井部分が壊れるなどして管制業務が出来なくなったため閉鎖された。ライフラインでは、厚真町の苫東厚真火力発電所4号機(出力70万kw)が地震により自動停止して発電や送電設備に影響が出て、日高・十勝地方を中心に、釧路市と周辺6町の約2万4300世帯などが停電した。

また、地震直後及び2日後に苫小牧市にある出光興産北海道製油所で石油タンクの火災があった。これは、震源からやってきて苫小牧市周辺の堆積平野で増幅された長周期地震動の周期と石油タンクの固有周期が一致し、石油タンクの内容物が共振するスロッシングと呼ばれる現象が発生し、浮き蓋の上に溢れ出した重油ナフサが浮き蓋と側壁の接触により発生した火花に触れて引火することによって引き起こされた。地震後、このような巨大地震によってもたらされる長周期地震動による大規模構造物の被害が注目された。

2008年 編集

概要 編集

本震 編集

  • 発生:2008年9月11日午前9時21分(日本時間)
  • 震源:北海道襟裳岬東南東沖(北緯 41.50°東経 144.4°)、深さ 20km
  • 地震の規模:M 7.1
  • 最大震度5弱(暫定値)
  • 津波注意報:北海道太平洋沿岸東部、北海道太平洋沿岸中部、9月11日 10時45分 解除

本震の各地の震度 編集

震度観測地点
震度5弱北海道:新冠町新ひだか町 浦幌町十勝大樹町
震度4北海道:南幌町長沼町厚真町むかわ町浦河町様似町えりも町帯広市音更町幕別町十勝池田町豊頃町中札内村更別村広尾町釧路市白糠町
震度3北海道:石狩市当別町新十津川町札幌北区江別市千歳市恵庭市北広島市

青森県:青森市つがる市野辺地町七戸町東北町むつ市大間町東通村

岩手県:盛岡市矢巾町

脚注 編集

[ヘルプ]
  1. http://www.kagakunavi.jp/document/show/53/documents 予測されていた十勝沖地震

関連項目 編集

外部リンク 編集

テンプレート:日本近代地震

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki