FANDOM


ファイル:Beppu Chinoike-jigoku01n4272.jpg

含鉄泉(がんてつせん)は、掲示用泉質名に基づく温泉泉質の分類の一種。

概要 編集

湧出後の酸化により、温泉黄色赤色を示すのが特徴。赤湯と呼ばれる温泉は鉄泉であることが大半である。

泉質の定義 編集

温泉水1kg中に総イオン(Fe++,Fe+++)を20mg以上含有する温泉。

新旧泉質名との対比 編集

新旧泉質名では、以下に分類される。

旧泉質名 編集

  • 鉄泉
    • 炭酸鉄泉
      • 単純炭酸鉄泉
      • 含炭素・鉄泉
      • 土類炭酸鉄泉
      • 重曹炭酸鉄泉
      • 含食塩-炭酸鉄泉
      • 含硫酸塩-炭酸鉄泉
  • 緑礬泉
    • 単純緑礬泉
    • 酸性緑礬泉
    • 含ヒ素緑礬泉
    • 含明礬・緑礬泉

新泉質名 編集

  • 鉄泉

なお、新泉質名の分類は多岐にわたるため、リンク先新旧泉質対照表PDF、含鉄泉の項目を参照のこと。

効能 編集

効能はその効果を万人に保障するものではない

泉質に基づく効能として、以下が挙げられる。

関連項目 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki