FANDOM


地震波(じしんは)は、地震により発生する。 以下の種類がある。

地震波


P波
S波


ラブ波
レイリー波

地震波の種類 編集

実体波 編集

「表面波」に対して、媒体内部で粗密やたわみなどの変位が伝搬していくものを実体波(body wave)という。

P波 編集

Primary wave (第一波)または Compressional wave (疎密波)という。 進行方向に平行に振動する弾性波固体液体気体を伝わる。速度は岩盤中で5~7km/秒、地震発生時最初に到達する地震波で、初期微動を起こす。海上の船舶においては、観測される海震はこれによる。

S波 編集

Secondary wave (第二波)または Shear wave (ねじれ波、たわみ波もしくは剪断波)という。 進行方向と直角に振動する弾性波。固体を伝わる。速度は岩盤中で3~4km/秒、P波に続いて到達し、主要動(しゅようどう)と呼ばれる大きな揺れを起こす。

断層破壊ではS波の振幅が大きくなる傾向にあるが、等方爆発では理論上S波は発生しない。

※P波・S波を「縦波」・「横波」と呼ぶことがあるが、あくまでも進行方向に対しての縦横であり、P波で家が上下に揺れる、あるいはS波で家が左右に揺れるとは限らない。ただし地震計での記録などを見ると、震源が浅い地震における震央のごく近傍などを除き、P波は上下成分が、S波は水平成分が卓越する傾向にある。

後続波 編集

P波およびS波は、地球内部の各不連続面や海底、地表で反射や屈折するものがある。これらは後続波と総称される。代表的な後続波としては以下のものが挙げられる。

  • 上方へ伝播したP波が一度地表で反射したpP波
  • 下方へ伝播したP波が一度地表で反射したPP波
  • P波が外内を伝播したPKP波
  • P波が外核内を伝播し、一度外核-マントル境界で反射したPKKP波
  • 下方へ伝播したS波が一度地表で反射したSS波

命名には以下の規則がある。

  • p,s:震源から上方へ伝播するP波およびS波(ただし地表で反射した場合のみ。直達波はPおよびSとする)
  • P,S:同下方へ伝播するP波およびS波
  • K:外核内を伝播するP波
  • I:内核内を伝播するP波
  • c:マントル-外核境界での反射(外核を伝播しない場合)
  • i:外核-内核境界での反射(内核を伝播しない場合)
  • P'P',S'S':震源から遠い位置(角距離120度以上)の地表で反射して、より震源に近い位置に戻ってくるP波およびS波

より局地的には、地殻内の構造による反射波、屈折波が観測される。

また、地殻内での不均質性に起因する散乱波はコーダ波と呼ばれる。

表面波 編集

地球の表面を伝わる表面波。P波・S波が、岩盤中を伝わるため実体波と呼ばれるのに対して、固体と気体(または液体)の境界のみを伝わるため、境界波とも呼ばれる。周期が長く、振動幅も大きい。また、P波・S波と比べて減衰しにくい。伝播機構により、レイリー波・ラブ波の区別がある。伝わる速度は、S波と同程度かやや遅い。表面弾性波も参照。

レイリー波 編集

レイリー波(Rayleigh wave)は、水面に立つさざ波に似た動きをする表面波である。1885年に第3代レイリー男爵ジョン・ウィリアム・ストラット(John William Strutt, 3rd Baron Rayleigh)によって存在が理論的に証明された。

上下動と水平動からなり、地表が上下方向に楕円を描くように振動する。実体波に比して進みが遅く、例えば駐車場では車両が上下に震動することから、観測は容易である。

ラブ波 編集

ラブ波(Love wave)は、水平の剪断力を地面に与える表面波である。1911年イギリス数学者物理学者オーガストゥス・ラヴ(Augustus Edward Hough Love)によって理論的に証明された。地表に対して平行に、進行方向に対して垂直に振動する。一般に、レイリー波に比してやや早く進む。

自由振動 編集

M8を超えるような巨大地震では、地球全体の振動が観測される。これらは地球の自由振動と呼ばれる。膨張・収縮を繰り返すものと、ねじれ振動を行うものに大別され、それぞれ空間的な周期によって各モードに細分される。最も顕著なモードは地球全体が膨張と伸縮を繰り返すもの(0S0)で、周期は千秒を超える。長らく理論のみで実観測例がなかったが、チリ地震で観測に成功した。近年ではM<7の地震でも観測されることがある。

  • S:膨張と収縮を繰り返す。0S0は地球全体が伸縮する。0S2は両極で同じ伸縮、赤道でそれとは逆の伸縮を繰り返す。0S4は両極と赤道で同じ伸縮、中緯度で逆の伸縮を繰り返す。1S0は地表全体が伸縮するが、地球内部でまた別の伸縮をする。など(ここでは解説のために極、赤道などと述べたが、実際は緯度に規定されるわけではない。地球上での位置関係に注目されたい。Tの解説でも同じ)
  • T:ねじれの振動を繰り返す。0T2は北半球と南半球で逆方向に回転する。0T3は南北の中高緯度帯で同じ向き、低緯度帯で逆向きに回転する。1T2は地表では北と南で逆方向に回転するが、地球内部では地表とは逆の回転をする。など

関連項目 編集

外部リンク 編集

ar:موجات زلزالية

bg:Сеизмична вълна bn:ভূকম্পীয় তরঙ্গ ca:Ona sísmica cs:Seismická vlna da:Seismisk bølgeet:Seismilised lained eu:Uhin sismiko fa:موج لرزه‌ای fi:Maanjäristysaaltogl:Onda sísmica he:גלים סייסמיים hr:Seizmički val hy:Սեյսմիկ ալիքներ id:Gelombang seismik it:Onde sismichelt:Seisminė banga mk:Сеизмички бранови nl:Seismische golf no:Seismisk bølge om:Seismic wave pl:Fala sejsmiczna pt:Onda sísmicash:Seizmički talas sk:Seizmická vlna sr:Сеизмички талас sv:Seismisk våg tr:Sismik dalga uk:Сейсмічні хвилі ur:زلزلی امواج yi:סייסמישע כוואליעס

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki