FANDOM


大気波(たいきは、英:Atmospheric wave)とは、大気中に発生するの総称である。気圧重力ポテンシャル気温風速など、さまざまな要素により定義される。周期的な波(定常波)もあれば、非周期的な波もある。

発生メカニズムとその効果 編集

大気波を発生させる原因はさまざまであるが、一般的に、的な不平衡や動的な効果によって生じるとされる。熱的な不平衡による大気波は小規模であるが、時に大規模なものになることがある。

力学的な見方をすれば、大気波は消滅時に周囲の大気に運動量を受け渡すため、元の大気の流れから他の大気の流れへと、運動量を運搬する役割を持つ。

成層圏では、ロスビー波や重力波が運動量を運搬することによって、成層圏突然昇温成層圏準2年周期振動(QBO)が発生する。

数学において大気波を表現する際には、球面調和関数を用いる。

大気波の種類 編集

中立な波動(それ自身では増幅しない波)
不安定波

関連項目 編集

参考文献 編集

出典 編集

  • ウィキペディア英語版『Atmospheric wave』2007年11月29日 06:17の版

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki