FANDOM


ファイル:Newton Cannon.svg

宇宙速度(うちゅうそくど)とは、宇宙で各種慣性飛行を行うために必要な最小初速度の大きさを言う。第一、第二、第三に分けられる。通常は地球を対象としているが、他の星(恒星、惑星、衛星等)に対して使う場合もある。

第一宇宙速度 編集

地球の地表すれすれに衛星として存在するために必要な速さで約 7.9 km/s。これ未満では地表に墜落する。

第二宇宙速度(脱出速度) 編集

地球表面から慣性飛行を行って、地球重力を振り切るために必要な最小初速度の大きさ。第一宇宙速度の\sqrt{2}倍となり、約 11.2 km/s。太陽を回る人工惑星になるためには第二宇宙速度が必要である。地球の重力圏を脱出するという意味で脱出速度とも呼ばれる。

第三宇宙速度 編集

地球表面から慣性飛行を行って、太陽の重力を振り切るために必要な最小初速度の大きさで、約 16.7 km/s。この数値は太陽を中心とする地球公転軌道から無限遠点まで到達できる初速度という意味であり、現実的にはより低い初速度で超楕円軌道を描くことによって太陽系外の領域に至り、別の天体の重力に捕らわれるなどして脱出を果たせる。

導出 編集

以下の計算では空気抵抗を無視する。また初速度を与えた後は慣性飛行するものとする。 また、各定数は、

万有引力定数G (6.67 \times 10^{-11} \mbox{m}^3 \mbox{s}^{-2} \mbox{kg}^{-1})

地球質量:M (5.97 \times 10^{24} \mbox{kg})

地球半径:R (6.36 \times 10^{6} \mbox{m})

太陽質量:M_{S} (1.99 \times 10^{30} \mbox{kg})

地球の公転半径:R_{E} (1.50 \times 10^{11} \mbox{m})

とする。

第一宇宙速度 編集

地球の重心を中心として速さvの等速円運動をした時に質量 m の物体に働く遠心力は\frac{m v^2}{R}である。このとき物体に働く重力は\frac{GmM}{R^2}である。第一宇宙速度 v_1 は遠心力と重力が釣り合うとして求める。すなわち、\frac{m v_{1}^2}{R} = \frac{GmM}{R^2}より、v_{1} = \sqrt{\frac{GM}{R}} = 7.91 \times 10^{3} \mbox{m/s} = 7.91 \mbox{km/s} である。

ちなみにGoogleで天体の半径などの天文学定数が検索可能で、sqrt(Xの質量*万有引力定数/Xの半径)でvを求めることができる(Xはそれぞれの天体名)。

第二宇宙速度 編集

地球から無限遠を基準とすると、質量 m の物体の地球表面における地球重力によって生じる位置エネルギーは、 U = -\int_{\infty}^{R}\left(-\frac{GMm}{r^2} \right) dr = -\frac{GMm}{R}と表される。この物体に、負の位置エネルギーを打ち消す速さ v_2 の運動エネルギー \frac{1}{2}mv_{2}^2 を与えれば無限遠に達する、即ち地球の重力圏から脱出することができるとして求める。すなわち、\frac{1}{2}mv_{2}^2-\frac{GMm}{R}=0より、 v_2 = \sqrt{\frac{2GM}{R}} = 11.2 \mbox{km/s} となる。なお、地球の自転速度は小さいのでここでは無視している。

第三宇宙速度 編集

第二宇宙速度と同様に、太陽からの脱出速度は、 v_{S} = \sqrt{\frac{2GM_{S}}{R_{E}}} = 42.1 \mbox{km/s} である。ただし、これは太陽から見た速さなので、地球からの場合、地球の公転運動を差し引かなければならない。地球の公転速度 v_{E}は地球の公転による遠心力と太陽と地球の引力が釣り合うという関係から求めることができるので、 v_{E} = \sqrt{\frac{GM_{S}}{R_{E}}} = 29.8 \mbox{km/s}である。したがって地球公転軌道からの脱出速度は  v_{EO} = v_{S} -  V_{E} = 12.3 \mbox{km/s} である。地表から打ち上げる場合には地球の重力を振り切る分だけ速くする必要がある。これは地表での位置エネルギーを打ち消した後に v_{EO}の速度になればよいということなので、質量 m の物体の場合に \frac{1}{2}mv_{3}^2 - \frac{GMm}{R} = \frac{1}{2}mv_{EO}^2という関係が成り立つ。したがって、 v_3 = \sqrt{\frac{2GM}{R} + v_{EO}^2} = 16.7 \mbox{km/s} である。

精度 編集

以上では地球を球、公転軌道を円として計算したが、地球の赤道半径と極半径の差は約:2 \times 10^{4} \mbox{m}(平均半径の0.3%)、地球の近日点と遠日点の差は約:5 \times 10^{9} \mbox{m}(同3%)なので、3桁目以降の正確な値を求めるには、これらを考慮する必要がある。

よくある誤解 編集

前述の通り、これらの速度はあくまでも「地球表面に対する接線方向への慣性飛行における初速度の最小値」である。地球や太陽から遠ざかるほど脱出速度は小さくなるので、推力が維持できなくなる前にその地点での脱出速度に達すれば重力圏を脱出することが可能である。2008年現在までの宇宙飛行はこうして実現されており、既存のロケットなどの初速度が前項の脱出速度を超えているということではない。

つまり、あくまで理論的には打ち上げ直後から極端に小さい速度を維持しての脱出も可能であるが、2008年の時点では多分に非現実的なので実用化には至っていない。

関連項目編集

ar:سرعة الإفلات bg:Втора космическа скорост ca:Velocitat d'escapament cs:Úniková rychlost da:Undvigelseshastighedel:Ταχύτητα διαφυγήςeo:Eskapa rapidoet:Paokiirus eu:Ihes-abiadura fa:سرعت گریز fi:Pakonopeusgl:Velocidade de escape he:מהירות מילוט hr:Brzina oslobađanja hu:Szökési sebesség it:Velocità di fugalt:Antrasis kosminis greitis lv:Otrais kosmiskais ātrums mr:मुक्तिवेग nl:Ontsnappingssnelheid nn:Unnsleppingsfart no:Unnslipningshastighet pl:Prędkość ucieczki pt:Velocidade de escape ro:Viteză de eliberaresimple:Escape velocity sk:Úniková rýchlosť sl:Ubežna hitrost sr:Друга космичка брзина sv:Flykthastighet ta:விடுபடு திசைவேகம் tr:Kurtulma hızı uk:Друга космічна швидкість ur:فراری سمتار vi:Tốc độ vũ trụ cấp 2

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki