FANDOM


巨大地震(きょだいじしん)は、地震の中でとくに規模が大きなものを指す言葉である。学術用語ではないが、日本地震学会の発表や各種教科書論文でもしばしば使われる表現である。また地震の大きさを端的に表す言葉であるためか、マスメディアも積極的に使用している。

規模の基準編集

一般的にはマグニチュード (M) が概ね8以上のものを指すが[1]、厳格に定義づけられてはいない。またマグニチュード9前後のものを超巨大地震と呼ぶこともあるが、これもマグニチュードで厳密に規定されているわけではない。

とくにマスメディアが使用する場合は、被害の程度によってM7程度でも巨大地震と呼称する場合がある。

巨大地震が発生する場所編集

M8以上の地震では、一般的に断層長200km以上、かつ断層の食い違いが数メートルに達する[2]。こうした地震が発生しうる場所は地球上でも限定されている。

昨今の日本においては、東海地震に代表されるようなプレート沈み込み帯における百年前後~数百年周期の地震のことを指す場合が多い。しかし上記のように、沈み込み帯以外の場所でもM8前後の地震が発生する場合があり、これらも含めて巨大地震と称する。とはいえ数的にはプレート境界型の地震が大半を占める。

巨大地震の例編集

超巨大地震の例編集

巨大地震を扱った作品編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. たとえば気象庁「プレートと地震・火山」防災科学技術研究所「地震の基礎知識」などにこのような記載がある。
  2. 宇津徳治 『地震学 第3版』 共立出版、2001年、ISBN 4-320-04637-4
  3. 3.0 3.1 地震調査研究推進本部の活断層評価では、中央構造線や糸魚川静岡構造線(愛媛県)での地震をM8前後と想定してる
  4. モーメントマグニチュードは7.4。
  5. Review of Tsunami Hazard and Risk in New ZealandInstitute of Geological & Nuclear Sciences Limited
  6. 科学雑誌「Newton」の2007年10月号で特集された。ただしこの地震の可能性を否定する専門家も多い。

関連項目編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki