FANDOM


平均近点角(へいきんきんてんかく、mean anomaly)とは、軌道運動を行なう天体のある時刻における位置を表すパラメータの1つである。平均近点離角と呼ぶ場合もある。平均近点角は天体が近点 z を通過してからの経過時間を軌道周期に対する割合として表すもので、角度の次元となり、近点では 2π ラジアン (1周、360°) の整数倍となる。図で平均近点角は M(角 zcy)である。また角度 T,E をそれぞれ真近点角離心近点角と呼ぶ。

天体 p の平均近点角 M を与える点 y は以下のように定義される。すなわち、楕円軌道長半径 cz を半径とする同心円において、扇形 zcy の面積が軌道楕円における扇形 zsp の面積と楕円率(長半径 a と短半径 b の比 b/a)の逆数との積に等しくなるような円上の点が y となる。言い換えれば、扇形 zcy と扇形 xsz は面積が等しい。

計算編集

天体力学で、平均近点角 M は以下のように求められる。

M - M_0=n(t-t_0)\,\!

ここで、

  • M_0\,\! は時刻 t_0\,\! における平均近点角、
  • t_0\,\! は初期の時刻、
  • t\,\! は天体の位置を求める時刻、
  • n\,\!平均運動

である。また、M は以下の式でも表される。

M=E - e \cdot \sin E\,\!

ここで、

である。この式をケプラーの方程式と呼ぶ。

関連項目編集

bg:Средна аномалия ca:Anomalia mitjana cs:Střední anomálieit:Anomalia media nn:Gjennomsnittleg anomali pl:Anomalia średniask:Stredná anomália sl:Srednja anomalija sv:Medelanomali th:อนอมัลลีเฉลี่ย

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki