FANDOM


日本温泉気候物理医学会(にほんおんせんきこうぶつりいがくかい、英文名 THE JAPANESE SOCIETY OF BALNEOLOGY, CLIMATOLOGY AND PHYSICAL MEDICINE、略称BCPM)は、1935年東京大学医学部内科物理療法学教室、日本温泉協会学術部を母体とし、温泉療法[1]・温泉気候およびその医学的応用に関する学術的研究を目的として、日本温泉気候学会として設立、1962年日本温泉気候物理医学会と改称した学会[2]

事務局を東京都中央区京橋1-14-5土屋ビル5階に置いている。

活動 編集

  • 学術集会の開催、学会誌の編集・発行、専門医の育成・教育研修の実施、専門医・研修施設などの認定、日本国内外の関連学会および諸団体との交流・協力助成など[2]

機関誌編集

  • 『日本温泉気候物理医学会雑誌』 年4回

書籍編集

  • 『新入浴・温泉療養マニュアル』
  • 『新温泉医学』

脚注 編集

  1. 1931年九州大学温泉治療学研究所が設置されて以来、相次ぎ国立6大学にも設けられ、治療と研究が盛んになった。
  2. 2.0 2.1 学会の概要

関連項目 編集

外部リンク 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki