FANDOM


座標: 北緯31度55.1分 東経140度1.3分 / 北緯31.9183度 東経140.0217度 / 31.9183; 140.0217

Myojin-sho

海上に姿を現した時の明神礁(1952年)

Myojin-Sho

噴煙を上げている明神礁

明神礁(みょうじんしょう)は、伊豆諸島南部、ベヨネース列岩の東約10kmに位置する海底火山である。

解説 編集

1952年昭和27年)9月17日午前の噴火を最初に報告した、静岡県焼津市焼津港所属の漁船「第十一明神丸」にちなんで命名された。雲仙普賢岳などと同じデイサイト質の溶岩を噴出する火山で、激しい爆発を起こす性質がある。激しい火山活動をたびたび引き起こし何度か標高200~300mまで達する新島を形成したが、自らの爆発で消滅したり波浪浸食されたりして現在に至るまで安定した新島を形成できていない。しかし公海上で新たに形成された島は第一発見国がその領有を宣言できるため当時、アメリカ、旧ソ連、中国、韓国、フィリピンなどの艦船が頻繁に出没していた。

なお、同年9月24日には、噴火を観測中の海上保安庁測量船「第五海洋丸」が噴火に巻き込まれ、田山利三郎測量課長を始めとする31名が遭難、全員殉職している(ただし、第五海洋丸は「明神礁」ではなく付近の「高根礁」の爆発に巻き込まれた、との説もある。生存者や目撃者が存在しないため、真相ははっきりしない)。

その後も付近では海水の変色などがたびたび発生し、近辺海域に海底火山危険区域が設定された(平成11年8月9日に解除)。

その後、1989年平成元年)に海上保安庁の自航式ブイ「マンボウ」による調査が行われ、明神礁が明神礁カルデラのカルデラ縁上に位置する後カルデラ丘であることが確認された。

1998年(平成10年)にも無人測量船「マンボウII」による調査が行われ、この海域の詳細な地形が明らかになっている。現在は目立った海水の変色などは確認されていないが、活発な熱水活動や噴気が確認されている。

年表 編集

  • 1906年:噴煙が上がる
  • 1915年:浅瀬を形成する。海中噴火。
  • 1946年
    • 2月:島が複数形成される
    • 12月:島が破壊され波浪礁になる
  • 1952年
    • 9月17日:爆発と共に島が形成される
    • 9月23日:島が再び破壊され消滅する
    • 9月24日:第五海洋丸が噴火に巻き込まれ沈没、乗組員31名全員死亡
    • 10月11日:島が形成される
  • 1953年
    • 3月11日:大爆発多数・島が消滅する
    • 4月5日:島が再び形成される
    • 9月3日:島が海面下に消滅

関連項目 編集

  • 海底火山
  • ベヨネース列岩
  • ゴジラ』-1954年(昭和29年)公開の映画。「第五海洋丸」の遭難が非常に衝撃的な事件であったためか、冒頭の貨物船が次々と消息を絶つシーンでは「明神礁の時のように海底火山の噴火に巻き込まれたのでは」というセリフが登場する。
  • 六神合体ゴッドマーズ』-横山光輝原作のテレビアニメ。主人公の搭乗するロボット・ガイヤーは、普段は明神礁に潜んでいる。

参考文献 編集

外部リンク 編集


ca:Myōjin-shōeo:Myōjin-shōeu:Myōjin-shō

fi:Myōjin-shō he:מיוג'ין-שו id:Myōjin-shō it:Myōjin-shō pt:Myōjin-shōsk:Mjódžin sv:Myōjin-shō tl:Myōjin-shō

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki