FANDOM


ファイル:East Pacific Rise.JPG

東太平洋海嶺(ひがしたいへいようかいれい,若しくは-海膨(-かいちょう))は、南極海から太平洋にかけて延びる太平洋の中央海嶺ニュージーランド南方のマッコーリー島の南の南極海から、東方向に延び、イースター島ガラパゴス諸島の西を北に延び、カリフォルニア湾まで続く。

南側はオーストラリア南極海嶺、北側はサンアンドレアス断層(トランスフォーム断層)につながっている。また、イースター島西方沖でチリ海嶺ガラパゴス諸島西方沖でガラパゴス海嶺南シエラマドレ山脈南方沖で中央アメリカ海溝と分岐している。

太平洋プレートと、南極プレートナスカプレートココスプレート北アメリカプレートの4プレートとの境界。

関連項目 編集


広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki