FANDOM


東道後温泉郷
温泉情報
所在地 愛媛県松山市
交通アクセス アクセスの項を参照のこと
泉質 単純温泉
泉温 32.8 - 43.4 [[セルシウス度|テンプレート:℃]]
液性の分類 アルカリ性
  

東道後温泉郷(ひがしどうごおんせんきょう)は、愛媛県松山市(旧国伊予国)の南久米町、北久米町、鷹ノ子町、星岡町、福音寺町の周辺に湧出する温泉の総称。

数カ所の源泉があり、温泉郷となっている。東道後温泉久米之癒東道後のそらともり媛彦温泉星乃岡温泉もこの温泉郷に含まれる。

温泉守護神は、東道後神社である。

アクセス 編集

伊予鉄道横河原線福音寺駅北久米駅久米駅下車。 媛彦温泉へは久米駅で伊予鉄バス10系統津田団地久米線(毎時4本運行)に乗換、繁多寺口停留所下車。

尚、団体で予約すれば送迎バスを差し向ける施設もある。

泉質 編集

効能 編集

※注 : 効能はその効果を万人に保証するものではない

温泉街 編集

数軒の温浴施設、旅館ホテルが点在する。

歴史 編集

  • 1941年 温泉郡久米村(現松山市南久米町)において温泉掘削に着手
  • 1942年 9月 温泉の湧出を確認するも、戦時下の折掘削工事を中止
  • 1946年 12月 南海地震発生、湧出していた温泉が完全に止まってしまう
  • 1962年 8月 戦前に試みた温泉掘削を再開、温泉湧出
  • 1962年 11月 久米の井温泉(第1源泉)確保
  • 1963年 4月 東道後温泉第2源泉の掘削に成功
  • 1963年 9月 東道後温泉第3源泉の掘削に成功
  • 1964年 5月 東道後温泉第5源泉の掘削に成功
  • 1964年 12月 東道後温泉第4源泉の掘削に成功
  • 1966年 5月 東道後温泉第6源泉の掘削に成功
  • 1967年 4月 東道後温泉第7源泉の掘削に成功
  • 1968年 7月 東道後温泉第8源泉の掘削に成功

鷹ノ子温泉は、開湯伝説によれば弘法大師の発見とされる。但し、現在の鷹ノ子温泉は昭和39年に開発されたもだが、その源泉を利用した温泉旅館は2008年に廃業している。

関連項目 編集

外部リンク編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki