FANDOM


Atmospheric circulation ja

地球の大気循環のモデル

極高圧帯とは北極南極周辺の高気圧の地帯である。極周辺の大気は低温であるため下降気流を生じ、これにより地表は高気圧となる。これはちょうど赤道付近の上昇気流が低気圧の熱帯収束帯を生じるのと逆の現象である。極高圧帯の地表温度は地球上で最も低く、一年を通じて氷点下である。極高圧帯の降水量は非常に少なく極地砂漠,極寒砂漠,雪氷砂漠(Polar desert)などと呼ばれる乾燥地帯となっている。

関連項目編集


広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki