FANDOM


ファイル:Earth seafloor crust age 1996.gif

海洋底拡大説(かいようていかくだいせつ、: Seafloor spreading)とは、中央海嶺地球内部から物質が上昇し、新しく海底岩盤を作るため、海底が中央海嶺の両側へ拡大するという学説。拡大する一方、海溝でその岩盤が沈みこみ、結果として大規模な物質循環が起こって大洋底が徐々に更新されているとするため、海洋更新説(かいようこうしんせつ)ともいう。

ヘス (Harry Hammond Hess) とロバート・シンクレア・ディーツによって1960年代のはじめに提案された。その後、1967年頃に登場するプレートテクトニクスへと発展していった。

関連項目 編集


bn:সমুদ্রতলদেশ প্রসারণ

cs:Rozpínání oceánského dnaet:Ookeanipõhja laienemine hr:Širenje morskog dna nl:Oceanische spreiding nn:Havbotnsspreiing pl:Spreadingsimple:Seafloor spreading sk:Rozchádzanie oceánskeho dna th:การขยายตัวของพื้นมหาสมุทร

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki