FANDOM


テンプレート:神社

湯座神社(ゆざじんじゃ)は、山形県最上郡大蔵村肘折温泉にある温泉神社である。別名、湯坐神社薬師神社とも呼ばれる。

祭神編集

薬師如来を祀る。古来より湯治場として知られた肘折温泉の祭神として、医の神を祀ったものと思われる。また、葉山の神は「葉山薬師権現」であり、葉山の登山口であった歴史とも関するのではないかとも思われる。

由来編集

明徳元年(1390年)創建とされる。一説には、肘折温泉の開湯年次を1390年とする説があり、湯座神社を、肘折開湯時に建立されたとする論がある。だが、肘折温泉では大同2年(807年)開湯説が広く信じられており、2007年には「開湯1200年祭」が開催された。

境内編集

共同浴場である「上の湯」横から階段を上がったところが神社である。

境内入口には、火防の御利益がある「秋葉山石碑」が建てられている。瑞鳳寺の南山和尚の揮毫であり、「火禾葉山」と書かれている。江戸時代中期、肘折温泉では大火が頻発したことから、肘折温泉がある南山の地名にちなみ、村民有志が瑞鳳寺に赴いて南山和尚にお願いし、「火禾葉山」と書いてもらった。村民が『秋』ではなく『火禾』である理由を問うたところ、南山和尚は、「秋とは紅葉であり、紅葉は火に通ず。よって火除けのために秋を逆に書いたのだ」と答えたという。

湯座神社は、肘折温泉開湯の地と伝えられる「地蔵倉」へと向かう遊歩道の起点ともなっている。

外部リンク編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki