FANDOM


テンプレート:神社

ファイル:Dogo Yu-Jinja(Shrine) Matsuyama City.JPG

湯神社(ゆじんじゃ)は愛媛県松山市にある神社である。神紋は、亀甲に花菱。出雲崗神社(いづもおかじんじゃ)を相殿として祀る。別名は、湯月大明神、4柱の神を祭るため四社大明神、伊佐爾波神社の西にあるため西宮とも呼ばれる。

祭神編集

相殿(出雲崗神社)

由緒編集

  • 湯神社は、景行天皇が皇后・八坂入姫命とともに当地に行幸した際、道後温泉の守護神として、鷺谷の大禅寺の前に創建されたと伝えられる。
  • 舒明天皇行幸に際し、社殿を新築。
  • 現社地の冠山(出雲崗)には出雲崗神社が鎮座していた。両社とも延喜式内社である。
  • 出雲崗神社は孝霊天皇の創建で、素盞嗚尊・稲田姫命・大山積命茅野姫命の四柱の神を祀り、四所大明神とも称していた。
  • 大永年間、地震で温泉が埋没した際、湯神社の社殿も大破した。そのため、河野通直により出雲崗神社に合祀され、湯月大明神、四社大明神などと称された。
  • 元禄年間、社号を湯神社・出雲崗神社に復した。
  • 宝永4年(1707年)、地震により出湯が停止した際、湯神社で出湯の祈祷が行われ、再び現在のように温泉が出たという。
  • 宝永5年(1708年)、湯神社はその功により、相殿から境内別社となった。
  • 明治4年(1871年)、湯神社に出雲崗神社を合祀した。

境内社編集

  • 三穂社
祭神は、事代主命(ことしろぬしのみこと)、蛭兒命(ひるこのみこと)。


  • 八幡若宮社
祭神は、大鷦鷯尊(おおさざきのみこと、仁徳天皇)。


  • 児守社
祭神は神大市姫命(かむおおいちひめ)、鎭疫神河野七郎通廣)。
往古、松山城東麓にあったが、松山城築城の際、湯神社の末社河野霊神に合祀された。河野霊神は時宗の開祖一遍 が父・河野通広を祀るために建立したもので、遊行上人が巡教した際には必ず参拝を行い、その都度領主は社殿を造営整備した。鎮疫神は、安政六年、悪病流行につき鎮疫のために勧請された。
  • 中嶋神社
祭神は、田道間守命(たじまもりのみこと)。
昭和32年(1957年)3月、四国四県の製菓業者によって、兵庫県豊岡市にある、製菓、柑橘の祖神、中嶋神社(なかしまじんじゃ)神社の御分霊を迎えて、四国分社として創建された。

年中行事編集

日付  祭祀
 1月1日  歳旦祭  
 1月3日  元始祭  
 1月第2日曜  初子祭  
 3月19日~21日  湯祈祷祭  
 5月19日  中嶋神社春祭  
 10月5日  宵宮  
 10月6日  例大祭  
 10月7日  神幸祭  
 11月15日  綿着・七五三祭  
 11月19日  中嶋神社秋祭  
 12月23日  天長祭  

その他編集

  • 初子祭は、1月の第2日曜(以前は旧暦11月の子の日)に行なわれ、当日は参拝者で大変賑わう。大己貴命がに救われたという古事記の伝説から、鼠を十二支に結びつけた事に基づき、社殿建立の日、修理の始まる日なども、すべてこの由緒によって子の日を選んで施行されている。
  • 湯祈祷祭の期間中に、松山春まつり(道後温泉まつり)が開催されている。(松山市観光産業振興課
  • 10月6日に例大祭が行われ、10月7日の神幸祭では、喧嘩神輿鉢合わせ)が行われる。(松山市観光産業振興課日テレNEWS24
  • 道後地区の鉢合わせには、湯神社から、「小唐人(ことうじん)」、「北小唐人(きたことうじん)」、伊佐爾波神社(いさにわじんじゃ)から、「湯之町(ゆのまち)」、「道後(どうご)」、「築山(つきやま)」、「溝辺(みぞのべ)」、「大唐人(おおとうじん)」、「持田(もちだ)」の八町八体の神輿が参加する。
  • 参道前の社号碑は、出雲大社の第82代出雲国造千家尊統の書である(伊佐爾波神社も同じ)。

アクセス編集

周辺施設編集

外部リンク編集

テンプレート:Shinto-stub

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki