FANDOM


湯長(ゆちょう)とは、草津温泉における温泉治療をする専門の「時間湯」での入浴者達に入浴指導をする責任者をさす呼称。

概要 編集

湯長の起源は、江戸時代末に「時間湯」という入浴法の前身のような形が行われるようになってからだと考えられている。明治7年頃に草津に治療にきていた「桂えん玉」という講談師が現在の軍隊式の号令をはじめた。桂が湯長の初代と言える。当時は湯長といわずに「隊長」と呼称。明治13年に熱の湯湯長として「野島小八郎」が湯長となる。野島は熱の湯初代湯長ではないが、町民はそう思い込んでいる人が多い。各時間湯にそれぞれ湯長がいた。ちなみに草津温泉最古の共同風呂鷲の湯初代湯長は「小松原勝蔵」で鷲の湯の碑にも推薦湯長として記述がある。この碑が時間湯関係の碑では一番古いものである。「鷲の湯」は昭和38年に時の施政者たちにより防火用水槽が必要との名のもとに源泉も埋められ壊された。「時間湯」とは、草津温泉の源泉の特性(非常に熱い温度の源泉(50度-90度)と刺激が強い酸性泉)を生かして考え出されたといわれている。この時間湯を療法として適切に管理をする重要な存在が湯長で、お湯に関する専門的な知識を活かし、主として療養目的に訪れた方に入湯方法をはじめ、温泉療法などについてアドバイスや入浴の管理をする。通常は、療養温泉施設に常駐し、来客者の健康管理や医師との仲介など様々な方面から治療者のサポートを行う。特に資格等はなく、主に推薦である。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki