FANDOM


溶存物質総量(ようぞんぶっしつそうりょう)とは、鉱水1Kg中に含まれているガス性以外の物質の総量のことである。
陽イオン陰イオンと非解離物質の総合計の値をさす。
1978年に改正された環境庁鉱泉分析法指針で療養泉の基準となり総量1,000㎎以上は塩類泉との泉質名が付け られる。
また、浸透圧による分類で低張泉、等張泉、高張泉の基準となる

関連項目 編集

外部リンク 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki