FANDOM


火男火売神社火男火賣神社、ほのおほのめじんじゃ)は、大分県別府市にある神社である。式内社で、旧社格県社。別府市鶴見岳山頂に上宮(奥宮)、東山に中宮(御嶽権現、おたけごんげん)、火売に下宮(里宮、鶴見権現)がある。

概要 編集

社伝によると771年(宝亀2年)に創祀されたとされる。なお、『続日本紀』には772年(宝亀3年)に鶴見山頂に石祠が建てられたとの記載がある。

祭神で社名の由来ともなっている火之加具土命、火焼速女命は、鶴見岳の2つの山頂を男女二柱の神に神格化したものと考えられる。古代より豊後国速見郡の鶴見岳山麓に温泉があることは広く知られていたが、鶴見岳の活発な噴火活動で荒地や沼地になっており、整備されていなかった。『豊後国風土記』や『万葉集』には、現在の柴石温泉血の池地獄にあたる「赤湯の泉」や、鉄輪温泉の地獄地帯にあたる「玖倍理(くべり)湯の井」等についての記載がある。また『伊予国風土記』逸文には、大国主命が火男火売神社の御神体である鶴見山麓から湧く「速見の湯」を海底に管を通して道後温泉へと導き、少彦名命の病を癒したという神話が記載されている。

日本三代実録』には、867年(貞観9年)1月20日に鶴見岳が噴火した際、朝廷から豊後国司への命で当社の神前で大般若経が読まれ、当社には噴火を鎮めた効により従五位上が授けられたとの記録がある。1276年(建治2年)には、九州各地を勧進していた一遍が別府に立ち寄り、鶴見権現の導きにより「玖倍理湯の井」を鎮めて鉄輪温泉の石風呂(蒸し湯)を開いたとされ、別府八湯の守り神として信仰を集めている。

天正年間、大友宗麟によって社殿が焼かれ、古文書なども焼失したが、1664年(寛文4年)久留島道清が下宮を再建した。下宮周辺の鶴見村は森藩の飛び地となっており明礬温泉で生産される明礬湯の花)は藩の重要な財源であった。

祭神 編集

文化財 編集

  • 大分県指定有形文化財
    • 御嶽権現社宝塔(中宮)
  • 大分県指定天然記念物
    • 鶴見権現社のイチイガシ林(下宮)
    • 御嶽権現社の自然林(中宮)

外部リンク 編集

テンプレート:Shinto-stub

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki