FANDOM


テンプレート:神社 玉作湯神社(たまつくりゆじんじゃ)は島根県松江市玉湯町玉造にある神社

祭神 編集

櫛明玉神大名持神少毘古那神の三柱を祀り、合殿に五十猛神を祀っている。

神紋 編集

二重亀甲に丸玉管玉勾玉

歴史 編集

創建 編集

延喜式』及び『出雲国風土記』に記載のある古社であるが、創建時期は不明である。

神階 編集

従四位下(貞観13年)『日本三代実録』による。

社名の変遷 編集

『出雲国風土記』意宇郡条に在神祇官社として「玉作湯社」と「由宇社」の2社が記載されており、それぞれが『延喜式神名帳』出雲国意宇郡に記載されている「玉作湯神社」と「同社坐韓国伊太氐神社」に対応するものと考えられる。近世には「湯船大明神」「湯姫大明神」などという呼称もあった。明治に入り「玉作湯神社」の社名となった[1]

近代社格制度のもとでは村社となり、その後昭和3年(1928年)に県社に昇格した。

建造物 編集

  • 社殿 - 大社造
  • 金刀比羅神社
  • 素鵞・記加羅志神社
  • 福徳神社
  • 澤玉神社
  • 稲荷神社
  • 玉宮神社 - 境外社。
  • 布吾彌神社 - 境外社で式内社「布吾彌神社」の論社。

主な行事 編集

文化財 編集

重要文化財 編集

考古資料
出雲国玉作跡出土品出品(一括指定)[1]
  • 玉類及び同未成品184
  • 砥石残闕共162
  • 硝子片11
  • 坩堝残片等

これらの出土品は境内にある収蔵庫に保管されている。

交通 編集

脚注 編集

  1. 『日本の神々(7)山陰』31頁

参考文献 編集

関連項目 編集

外部リンク 編集

テンプレート:神道 横

テンプレート:Shinto-stub

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki