FANDOM


秋の宮温泉郷
温泉情報
所在地 秋田県湯沢市
交通アクセス 鉄道 : 奥羽本線横堀駅よりバスで約45分
泉質 単純泉、緑礬泉、塩化物泉
外部リンク 湯沢市の温泉
  

秋の宮温泉郷(あきのみやおんせんきょう)は、秋田県湯沢市(旧国出羽国明治以降は羽後国)にある温泉郷

アクセス 編集

泉質 編集

など、50以上の源泉が存在し各旅館や宿により異なる。

温泉郷 編集

国道108号沿いを中心に11軒の宿が存在する。

湯ノ岱温泉、稲住温泉、湯ノ又温泉、宝寿温泉、鷹の湯温泉などから構成される。鷹の湯温泉は日本秘湯を守る会にも属している。

温泉郷の中心では朝市が行われている。

秋ノ宮博物館、という昔の生活道具や大正~昭和にかけてのレトロな代物を展示している博物館が有名。博物館は岩風呂でも有名で、入場することで入浴も可能である。

博物館傍の川原には、『川原の湯っこ』と呼ばれる野湯が存在する。川原にはベンチが整備され、またスコップも備えられているため足湯または湯船を掘って入浴を楽しむことができる。(足拭きタオル有り・無料)

山を挟んで南側に鳴子温泉郷が広がり、国道108号鬼首道路を通じて交通の便も良いため、車を用いた湯 巡りのコースとして観光ガイドで紹介されることもある。

太郎兵衛旅館の前には、無料で利用可能な自転車が置いてあり温泉郷の自然を散策できる。

「十二ひとえめぐり」という宿泊者向けの企画が行われている。小野小町生誕の地でもあり「十二単」にかけているが、湯めぐりである「十二秘湯絵めぐり」、出会いめぐりである「十二人会めぐり」の2つからなっている。小町娘を模倣した巾着を購入するとできる。

2006年に秋の宮山荘で行った「第1回温泉川柳コンテスト」が、翌2007年より秋の宮温泉組合で行うことになり、より応募の幅が広がった。2008年の第3回では、応募総数が47都道府県2419句におよんでいる。

歴史 編集

温泉郷内の鷹の湯温泉の発見は1200年前とされ、秋田県内で最古の温泉と言われる。

戦時中には、武者小路実篤が稲住温泉に疎開していた。

1978年昭和53年)3月31日国民保養温泉地に指定。

日本の紅葉百選に選ばれる。

外部リンク 編集

 

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki