FANDOM


衛星(えいせい、Natural Satellite)は、惑星準惑星小惑星の周りを公転する天然の天体。ただし、惑星のなどを構成する岩石などの小天体は、普通は衛星とは呼ばれない。
ファイル:Moons of solar system v7.jpg

概説 編集

人間が作った人工天体の場合には、天然の衛星(自然衛星)と区別するために「人工衛星」(Artificial Satellite) と呼ぶ。英語では、口語的に "moons" という言葉で、月にかぎらず、各惑星等の衛星全般を指すこともある。また、衛星の周りを回るものは、孫衛星という。

太陽系内の惑星のうち水星金星以外の6個、準惑星のうちケレスマケマケ以外の3個は、それぞれ少なくとも1個の衛星を持つ。また、20世紀末以降の観測により衛星を持つ小惑星も100個以上が確認されている(2007年現在)。

従来、地球に対するは、衛星としては不釣合いに大きく、二重惑星と見なす意見もあった。月の直径は地球の4分の1強であり、質量でも81分の1に及ぶためである。後者を見れば月は地球よりはるかに小さいように思えるが、地球-月の体系に次ぐものは海王星に対するトリトンの800分の1であり、他の惑星の衛星の場合ははるかに小さいから、地球-月系の特異さがわかる。

1978年に発見された冥王星の衛星カロンは、更にこれを凌駕するものであった。当時は冥王星は惑星とされていたために、さらに特異な例とされていた。しかし、通常はこれらも衛星の範疇に含める慣例となっている(二重惑星の項を参照のこと)。

太陽系の惑星と準惑星の衛星 編集

直径 (km) 地球 火星 木星 土星 天王星 海王星 冥王星 ハウメア エリス
5000+     ガニメデ タイタン          
4000 - 5000     カリスト            
3000 - 4000   イオ
エウロパ
           
2000 - 3000           トリトン      
1000 - 2000       レア
イアペトゥス
ディオネ
テティス
チタニア
オベロン
ウンブリエル
アリエル
  カロン    
500 - 1000       エンケラドゥス          
100 - 500     アマルテア
ヒマリア
ミマス
ヒペリオン
フェーベ
ヤヌス
エピメテウス
ミランダ
シコラクス
パック
ポーシャ
プロテウス
ネレイド
ラリッサ
ガラテア
デスピナ
  ヒイアカ
ナマカ
ディスノミア
50 - 100     テーベ
エララ
パシファエ
プロメテウス
パンドラ
ビアンカ
クレシダ
デスデモナ
ジュリエット
ロザリンド
ベリンダ
キャリバン
タラッサ
ナイアド
ハリメデ
ネソ
ヒドラ
ニクス
   
10 - 50   フォボス
ダイモス
シノーペ
リシテア
カルメ
アナンケ
レダ
アドラステア
メティス
ヘレネ
テレスト
カリプソ
アトラス
パン
ユミル
パーリアク
タルヴォス
イジラク
キビウク
アルビオリックス
シャルナク
ポリデウケス
コーディリア
オフィーリア
プロスペロー
セティボス
ステファノー
フランシスコ
ファーディナンド
ペルディータ
マブ
キューピッド
サオ
ラオメデイア
プサマテ
     
0 - 10 クルースン[1]   カリロエ
テミスト
メガクリテ
タイゲテ
カルデネ
ハルパリケ
カリュケ
イオカステ
エリノメ
イソノエ
プラクシディケ
アウトノエ
スィオネ
ヘルミッペ
アイトネ
エウリドメ
エウアンテ
エウポリエ
オーソシエ
スポンデ
カレ
パシテー
ヘゲモネ
ムネーメ
アエーデ
テルクシノエ
アーケ
カリコレ
ヘリケ
カルポ
エウケラデ
キュレーネ
コレー
(S/2000 J 11)
S/2003 J 2
S/2003 J 3
S/2003 J 4
S/2003 J 5
S/2003 J 9
S/2003 J 10
S/2003 J 12
S/2003 J 15
S/2003 J 16
S/2003 J 17
S/2003 J 18
S/2003 J 19
S/2003 J 23
スットゥングル
ムンディルファリ
スカジ
エリアポ
スリュムル
ナルヴィ
メトネ
パレネ
ダフニス
エーギル
ベビォン
ベルゲルミル
ベストラ
ファールバウティ
フェンリル
フォルニョート
ハティ
ヒュロッキン
カーリ
ロゲ
スコル
スルト
アンテ
ヤールンサクサ
グレイプ
タルクェク
(S/2004 S 3)
(S/2004 S 4)
(S/2004 S 6)
S/2004 S 7
S/2004 S 12
S/2004 S 13
S/2004 S 17
S/2006 S 1
S/2006 S 3
S/2007 S 2
S/2007 S 3
トリンキュロー
マーガレット
       
  • 木星・土星の50km以下、天王星の100km以下は登録番号順
  • ()付きは存在しない可能性があるもの
  1. 衛星ではなく小惑星であるが、見かけ上地球を回るような軌道をとることがあるので比較のため掲載する。

比喩表現 編集

衛星の比喩として「衛星都市」、「衛星国家」などの表現も用いられる。

関連項目 編集

ウィクショナリー
ウィクショナリー衛星の項目があります。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki