FANDOM


ファイル:Synclinal.jpg
ファイル:Agiospavlos DM 2004 IMG003 Felsenformation nahe.JPG

褶曲(しゅうきょく、fold)は、地層の側方から大きな力が掛かった際に、地層が曲がりくねるように変形する現象のこと。

成因 編集

ファイル:Anticlinal.png

褶曲は、野外の地質調査で見落とすもしくは判別できないと、地層累重の法則が適用できない場合がある。地震の力によって短時間で形成される場合もあるが、多くはプレートの移動などで長時間強い力を受け続けることで形成される。

2方からの圧縮の力と、隆起や沈降の力などがかかって形成される。比較的固い岩盤の場合は、褶曲が形成される途中で破断して断層となることが多い。

向斜・背斜 編集

地層の谷にあたる部分を向斜(こうしゃ、syncline)、山にあたる部分を背斜(はいしゃ、anticline)という。

褶曲軸(向斜軸・背斜軸) 編集

向斜の場合、曲がりきった低い部分を底といい、各地層の断面の底を結んだ線を向斜軸面という。これが地形図に平面的に表される際には褶曲軸(向斜軸)と呼ばれる。この考え方は背斜でも同様に行われる(背斜軸面背斜軸)。

向斜軸面(背斜軸面)は必ずしも鉛直方向にあるわけではなく、一定の傾斜がついているために、地形図の判読には注意する必要がある。

活褶曲 編集

第四紀に入ってからも活動を続けている褶曲を、特に活褶曲(かつしゅうきょく、active fold)と呼ぶ。新しいものなので、これよりも古い古期褶曲に比べて地表近くに多く存在し、河岸段丘などの段丘面の変形として表れやすい。

日本では、長岡平野越後平野庄内平野などの日本海東部沿岸に多くみられる。

活褶曲や活断層などをまとめて活構造と呼ぶ。

参考文献 編集

この節は執筆の途中です この節は執筆中です。加筆、訂正して下さる協力者を求めています

関連項目 編集

外部リンク 編集

この節は執筆の途中です この節は執筆中です。加筆、訂正して下さる協力者を求めています
ar:طية

az:Mulda bg:Гънка bn:ভূ-ভাঁজ ca:Plec cs:Vrásaeo:Faltoet:Kurd eu:Tolesgl:Pregamento ht:Montay plwaye it:Piega (geologia) kk:Қатпарларmk:Набор nl:Plooi (geologie) nn:Folding pl:Fałd pt:Dobra (geologia) ro:Cută (geologie)sh:Nabor simple:Fold (geology) sk:Vrása sr:Набор sv:Veck (geologi) th:ชั้นหินคดโค้ง uk:Мульда vi:Nếp uốn (địa chất)

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki