FANDOM


霧箱(きりばこ、cloud chamber)とは蒸気の凝結作用を用いて荷電粒子の飛跡を検出するための装置。1897年チャールズ・ウィルソンが発明した。

過冷却などを用いてを発生させた気体の中に荷電粒子や放射線を入射させると気体分子のイオン化が起こり、そのイオンを凝結核として飛跡が観測される。霧箱はウィルソンによって実用化の研究が行われたことから、ウィルソン霧箱とも呼ばれる。霧箱の原理はこれまでに、ジョゼフ・ジョン・トムソン電子や放射線の研究やカール・デイヴィッド・アンダーソン陽電子の検出など様々な粒子や放射線の観測や、コンプトン散乱原子核衝突宇宙線の研究など多岐にわたる用途で用いられてきた。ニュートリノの観測は霧箱では検出できず、泡箱を用いることにより初めて検出された。cs:Wilsonova mlžná komora da:Tågekammereo:Nebulkameroeu:Laino kamara fi:Sumukammioga:Néalsoitheach he:תא ערפל hu:Ködkamra it:Camera a nebbia lv:Vilsona kamera nl:Nevelvat pl:Komora Wilsona pt:Câmara de Wilson ro:Cameră cu ceaţăsk:Hmlová komora sl:Meglična celica sv:Wilsonkammare uk:Камера Вільсона

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki